遠くからでも目立つ独特な存在感!

のぼりの配置にからくりがあった

のぼりの置き方によって、お客様にとっても印象が変わってきます。目立ちたいからと言って、多くののぼりを置いても圧迫感にしかならず、かえって逆効果となってしまいます。
少し工夫すれば、お客様に対するアピールが大きなものとなります。どのような立地条件で且つ駐車場はどの程度かといった点を抑えておく必要があります。のぼりの配置において基本となるのは、お客様にとって見やすいというのが前提になる為、縦のラインに沿って配置するという事です。その他にも、横型、扇型、トライアングル型とほとんどのお店ではこの4つの配置方法で解決することが出来ます。自分の店舗にあった最適な方法で配置することが、集客アップ及び利益へと繋がっていきます。

のぼりの色使いに着目

まず同系色ののぼりで揃えれば統一感が増します。お勧めの商品であったり、売り出したいもののアピールへと繋がります。また、同じのぼりの中に一つだけ、全く違う色ののぼりを加えると、売り上げに貢献してほしいと考える商品へ対する新たなイメージアップへと繋がり、お客様の印象が変わります。また、一つ一つ違う色を使えば華やかになり、明るい印象を持たれやすくなります。お店の雰囲気アップを見込めるため、開店時に向いている手法です。同じのぼりのみを配置した場合は、上品な印象となりこだわりを持っている商品であるというお客様に対する印象効果があります。統一感が増すことによって、上品な印象が強調され、専門店としてのブランド効果の向上が望めます。

© Copyright Banner Power. All Rights Reserved.